交通事故にあったのは17歳の時でした。
初めての免許で原付バイクに乗りはじめ、ちょうど慣れてきた頃でした。
朝、友人の家からバイト先に向かおうと思い、細い道から大きい道へ入ろうとしました。
指示器を出し、うしろの車が通り過ぎるのを待って車が途切れたのを確認し、大きい道へ入った時です。
ちょうど運悪く横の車線から車線変更をした大きなトラックとタイミングが重なり、道へ入った瞬間後ろから突っ込まれてしまいました。
目の前が真っ暗になり、気づけばバイクと一緒に飛ばされていました。
不幸中の幸いで身体への大きな傷はありませんでしたがバイクのライトは割れ、本体には大きな傷がありました。初めての交通事故でどうすれば良いかわからず、トラックの運転者の名刺をもらい、ひたすら謝り、警察も呼ばずに終わりました。
家に帰り、家族にその話をすると父親が相手先に電話をしバイクの修理代を請求してくれましたが、相手の保険会社はこっちは悪くないの1点ばりで、丁度その時期は私は非常にバイト先が忙しく、バイク修理の見積もりにもいけず、その話は流れてしまいました。
結局現在もボロボロのままのバイクに乗っています。
しかし、初めての交通事故で相手に請求などをされなかったので、いろいろな方面で経験になったかなと今はポジティブに考えています。

18歳女性 Y.M.さん