事故を起こしたのは、その年の初めての雪でどの地域でも大雪となっていました。直線道路でしたが、その年初めての雪ということもあり、スピードは出していなかったことは不幸中の幸いでした。
圧雪で固まったところにタイヤがとられ、そのまま弾むようにして、脇の縁石に乗り上げ片輪走行。それと同時にタイヤがパンク、エンジンオイルが漏れて、アクセルを踏み込んでもスピードが落ちていく状況。初めてのことだらけでパニックになりながらも、このままだと止まっても多重事故になって危ないと思い、ハザードランプを点滅させてスピードが落ちていく中、出来る限り端の方まで寄せてからエンジンが完全に停止しました。
自分以外に被害がなかったこと、事故処理も問題なく、修理代は保険で全て賄えませんでしたがスムーズでした。
問題は、事故後にレッカー移動してもらうところです。その年の初めての雪で、ましてや大雪。いろんなところで事故が起こっていたようで、どこに電話してもすぐには行けないと言われ、早くて3時間後にどれくらいで行けるようになるかわかりますと。事故の大変さを感じている中、なかなか移動の手配が進まないのを見ていた警察の方が直々にレッカー移動を頼むとすぐに来てくれることに。なぜと疑問は残りましたが、本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

29歳女性 H.Hさん