自家用車で会社から家に帰る途中で交通事故に会いました。
現場は左に道が分かれているT字路で、私は直進していました。前方にその左の道へ曲がろうとしてウインカーを出して止まっている車がありました。T字路にかなり差し掛かった時、いきなりその車が左に曲がろうとしました。私は避け切れず、私の車の左前と相手の車の左前同士が大きく衝突しました。私の車はエアバッグが飛び出しましたが、何とか大きな怪我をする事はありませんでした。相手も特に怪我は無かったようで、私も相手も同乗者がいなかった事は良かったと思います。
しかしその後私はムチウチに苦しむ事になりました。エアバッグが出て身体を保護してくれたとは言え、首への負担はとても大きかったようです。それからは毎日整形外科に通ってリハビリをしました。それでも雨等の気圧が低い日は首から肩にかけてズーンと何かが重く伸し掛かっているように感じてとてもしんどかったです。日常生活の中で振り返ったり、首だけを動かす動作をしようとすると重い痛みが伴ったりしたので、酷い時には鈍痛からの吐き気を覚えたりと普通に生活する事が難しくとても苦労しました。
そんなムチウチからほぼ完治するまでに数年かかりました。現在はほとんど影響は残っていないので問題無く生活出来ています。もう二度と交通事故は経験したく無いので、これからは気をつけて運転して行きたいと思っています。

40代女性 S.Tさん