免許取りたてのころ、若いころに高速道路をかなりのスピードで走行し、コントロールを失って自損事故を起こし、入院する羽目になりました。

その際、背骨を1個、複雑骨折(潰れていた)のために失う事になりました。

幸い、日常生活には支障はなく仕事も普通にこなせていますが、趣味であったスキーは
背骨に負担となるためドクターストップがかかり、辞めざるを得ない状況となりました。

私は当時スキー場の多い町に住んでおり、子供の時からスキーに慣れ親しんできたので、それは相当ショックでした。

今では「保険金が結構入ってラッキー」とか言われたりすることもありますが、
一歩間違えば歩けなくなっていた可能性だってありますので、日常生活が支障なく送れるのは奇跡といっても過言ではないと思います。

ほんの一瞬の油断やミスで事故は起こります。
今回は、単独事故で私自身のケガだけ済みましたが、一つ間違えれば他の車を巻き込む重大な事故に繋がり、人の人生をめちゃくちゃにしていたと恐ろしく感じます。
皆様も、明日は我が身と思って安全運転に心がけて頂きたいと思います。

事故は起きてしまうとどうなるかわかりませんから起こさないことが一番です。

25歳男性 Aさん