私の交通事故の体験は、アルバイト中でした。
ピザのデリバリーのアルバイトをしていた時に車に跳ねられてしまいました。
その日は雨が降っていました。
私も配達先の家が見つからず注意が別の所にいっていたのですが、住宅街での十字路で、すごいスピードて車が走ってきました。
ブレーキをかけたのですが、路面が濡れていたこともありすぐに停まることができませんでした。
そして車にぶつかってしまいました。
少し体がとばされてしまい、気づいたら地面に横たわっていました。
恐る恐る起き上がってみると、驚くことにぶつかった車がいませんでした。
住宅街ということもあり近隣の住人の方々がでてきてくれて救急車を呼んでくれたり、倒れたバイクを端によせたりしてくれました。
救急車で病院に運ばれレントゲンなどをとりました。
肩の靭帯が切れてしまい肩があがってしまっていました。その日は家に帰り、次の日入院し、手術することになりました。
事故から2週間後くらいに警察から連絡があり、ぶつかった相手が見つかったと連絡がありました。
なぜ、逃げてしまったのかというと、運転していた人は無免許だったそうです。親の車を勝手にかりて乗っていたそうです。

肩の手術もボルトをいれたのですが半年後にボルトを取り出す予定が3ヶ月ででてきてしまい、予定より早く2度目の手術がありました。
その後、溶ける糸を使ったのですなアレルギーをおこし、さらに1年後に形成外科での手術がありました。
その為、事故から示談までとても時間がかかりました。

32歳 女性 C.Oさん