以前自宅から駅まで歩いている最中、横断歩道を渡っていると4WDの車が来ました。私としては車が停車すると思ってそのまま歩いていると、4WDは減速せず私の体に横から衝突しました。
ドーンという衝撃が体に走り、車道に倒れこんでしまいました。ようやくドライバーも私に気づいたようで、「大丈夫ですか」と走ってきました。おそらく夜間で小雨も降っていたので歩行者の私に気づかなかったのだと思います。
110番して、警察に来てもらいました。私は救急車で運ばれるほどのケガではなかったのでそのまま警察に事情を話したり、現場検証したりしました。
後日近場の形成外科の診察を受けて、その書類を警察署に提出するように言われました。
事故の時から左の腰のあたりにジーンとした痛みがあり、翌日診察に行くと椎間板ヘルニアと言われました。まさかそこまで大事になるとは思わずショックでした。何週間か通院することになり、仕事に支障がでました。
加害者としては非常に恐縮しているようで何度もお詫びをしてきました。それなりに誠実な対応だったと思います。
結局3週間ほど通院して運動療法などをしました。これからは歩行者としても注意して通行して、二度と事故に遭遇したくないです。

30歳男性 Y.Tさん