今から僕の身に起きた最悪の経験についてお話しします。事故は見晴らしの良いT字路で起こりました。僕はロードバイクに乗っていて急な下り坂を猛スピードで駆け下りていました。向かいには白いミニバンが来ていたのですが、ウインカーを出していなかったので直進すると思って、スピードを落とさずT字路に入りました。すると横からミニバンが入ってきたのです。ブレーキをかけたもののタイヤはスリップしながら車の側面に衝突。車の側面が大きく変形しました。その時僕のスピードは30キロ毎時前後だったと思います。運転手さんがすぐさま降りてきて、救急車を呼びました。その後病院に来たのが最悪な保険屋でした。何とウインカーを出していない事ではなく、僕が速い事が原因だと主張され車の修理費用の一部をを請求してきたのです。警察の現場検証の結果、確かに僕が自転車で事故を誘因したとされていました。どうしようもないので、知り合いの弁護士に仲介をしてもらう事になりました。そこでウインカーを出していない事が原因であるから費用は全額負担するべきだと話をまとめてくれました。もし僕の友人に弁護士がいなかったら、この悪徳保険屋にお金を搾り取られていたかもしれません。もし怪我をしていたらそこは実費と言われていたのかもしれません。こんな保険屋には二度と会いたくないです。

20歳男子大学生 N.A.さん