交通事故にあったのは、人生で1度だけです。5年前くらいのことでした。私が自転車で通勤している時、細い道から車が一時停止をせずに飛び出してきたのです。危ない!と思った瞬間にぶつかっており、私の体は地面に倒れていました。乗っていた自転車は、車にぶつかり、飛んで行っていたようです。
 ぶつかってすぐに、車の方が出てきて「大丈夫ですか?」と声をかけられました。私は幸い、怪我がなく、元気な状況でした。しかし、車の方が心配されて、救急車だけは呼びましょう。となんどもおっしゃいました。元気なのに救急車に乗るのも・・でしたので、病院にいき診断書をもらうことを約束して、警察を呼び、現場検証をしてもらい、家に帰りました。
 病院に行っても私の怪我は打撲程度で、何度も通院するほどのことはありませんでした。ただ、自転車は車にぶつかり、大破してしまいました。自転車に関しては、自動車の方の保険を使って、同等の価値の新しいものを買い直させていただきました。
 私の場合、自分はいつも通り自転車を運転しており、相手が一時停止をし忘れた状況だったため、警察からも何も聞かれることがなく、怪我がなくてよかったねという話で終わりました。

33歳女性 T.Kさん