私が交通事故にあったのは2015年の時です。信号待ちで停車中に後ろから衝突されました。
一番痛かったのは腰の部分で、痛みがとても激しかったです。
 最初は何が起こったのかわからず、気が付いた時には病院のICUの中にいました。ところどころ覚えている程度で詳しくは説明できませんが、信号待ちで停車中に後ろからトラックが衝突したそうです。ICUでは大量の痛み止めを使われていたのほとんど記憶が残っていません。それから一般病棟に移動して腰の手術をすることになりました。その手術が終わり、最初は寝たきりでしたが、3か月がたつ頃には何とか車いすに乗ることができるようになりました。それから病院での生活が続きましたが何とか退院することができて、接骨院に通院するようになりました。
 最初は腰はとても痛くどうしようもなかったけれども、今では何とか耐えれるまでになり、少しずつではありますが良くなってきているのがわかります。病院ではリハビリといっても、特にこれっと言ってしてくれませんでしたが、接骨院ではいろんな治療をしてくれました。基本的にはマッサージや運動、それに電気治療やハイボルテージ療法というのをしてもらっています。その治療のおかげか今では一人で歩くことができるようになりました。最初は車いすから立ち上がることもできなかったのに、ここまで良くなってきてとてもうれしいです。あとは歩ける距離を少しでも長くできようにという願いで、治療に通っています。
 こんなことになるなんて夢にも思っていませんでしたが、なってしまったものは仕方がないのでこれから少しでも良くなる方向で、歩ける距離を増やして痛み止めの薬を飲まなくて済むようになりたいと思っています。
これから先人生ながいですけれども、頑張りたいと思います。

42歳男性 K.Kさん