以前、友人とバイクに乗り繁華街の三車線の道路を走っていた時のこと。私たちのバイクは一番左側を走っていたのですが、止まっていたタクシーが急に右に車線変更をし始め、避けきれるわけもなくぶつかって友人とともに転倒しました。
私と友人は足と肩、頭を強打しかなり痛かったのを覚えています。周りの通行人の方が救急車と警察を呼んでくれ、幸い入院には至らなかったのですが、タクシーの運転手に謝罪と連絡先を聞かれ後日保険会社との話し合いの場が設けられるということでした。
実際に事故にあった翌日からは、身体中に痛みがあり通院生活が始まりました。
仕事もしているので支障をきたさない程度に通院しながら回復を待っていました。
数日後保険会社から連絡が入りまずタクシーの運転手の会社から慰謝料として30万円をいただくことになりました。
私と友人に支給され、今度の経過を見てまた費用がどうなるかといったことでしたが、長引かせるのは嫌だったのでその30万円で示談という形を取りました。
大怪我ではなかったこととタクシーの運転手さんの人柄が良かったのも唯一の救いでした。皆様も交通事故には、充分に気をつけていただきたいです。

29歳男性 T.Kさん