私はつい先日、交通事故に合いました。それは、道路上ではなくコンビニの駐車場で事故に合ったのですが、その経緯は私が飲み物をコンビニで購入し、車の中で飲んでいた時に起きました。そのコンビニを駐車場は大変狭かったのですが、駐車することはそれほど難しくない駐車場で、私は気分良くジュースを飲んでいた時のことです。コンビニに一台の軽自動車が入って来ました。私の隣が空いていたので、そこに駐車するような感じで私の車に近づいてきました。私の車の前を一度通過してバックから駐車するつもりなのでしょうが、通過する距離があまりにも近いのです。私は、このままではぶつかると思い、その窓を開け、もっと向こうにと手で合図をしましたが、全く見ておらず、案の定、見事に私のフロントバンパーを擦って通過しました。私が直ぐさま降りるとその軽自動車の運転手も慌てて降りて来ました。男性のご老人でした。その方は「申し訳ない、当たるとは思わなかったんだよ」と言われたので、自分が悪いことは認めていたため、私はそこまで怒るようなこともなく、一応事故ですので、警察を呼びましょうと言うと、その方の様子が変なのです。その理由は保険に入っていないことでした。私は、驚きを隠せませんでした。警察を呼ぶことと、保険は関係ない旨を伝え、警察を呼びました。ご老人は、自費で修理代を払うかと当然のような顔で言うので、私は、一言強く言わせてもらいました。「これが車にぶつけたから、自費で修理代ということも言えるのでしょうけれど、もし人であったらどうするおつもりですか!自費で払えるような金額ではないと思いますし、それは無責任というものですよ!」と。ご老人は申し訳ないの一点張りでしたが、本当に怒りを覚えた事故でした。その後、しっかりと私の車は修理して無事に戻ってきました。

38歳男性 S.Nさん