初夏の頃で、外が段々暗くなってきている時間帯でした。近くのスーパーに買い物に向かう途中、信号のない横断歩道を渡ろうとしました。私から見て右側から大型のRV車が走ってきていましたが、私に気がついたのか横断歩道の手前で停車。それを確認してから横断歩道を渡し始めたのですがそこで事故が発生しました。

歩く私の右側の腰あたりをグイッとゆっくり、でも力強く押してくる感覚がありました。ん?なんだ?と腰のあたりを見てみると、ゆっくりと先程のRV車が私を押しているところでした。あれ?なんでこの車私の事押しているんだ?と考えた次の瞬間、目の前に空が広がっていました。RV車に跳ね飛ばされ倒れているのだと気付くのに少し時間がかかりました。

その後現場に警察がやってきて事故の状況を説明しましたが、この後病院へは加害者に乗せていってもらって、という信じされない提案を警察からされました。見ず知らずの自分を跳ね飛ばした人間の運転する車で病院など冗談ではないのでタクシーを拾って向かいました。診察結果は腰の打撲。幸い骨に異常はありませんでしたが、鈍痛が残り歩くのに2週間位痛みが残りました。

その後相手の保険会社から治療費全額負担の連絡がありました。それ以外に謝罪の費用として1万円お支払しますと言われた我が耳を疑いました。こちらは通院で2日会社を休んでいます。その損害だけを考えても到底受け入れられる金額ではありませんでした。結果8万円程度の支払いがありました。

横断歩道だからといって車は止まってくれる、とは思わないほうがいいのだなぁと強く学んだ出来事でした。

39歳女性 M.Wさん