8歳の時に交通事故に遭いました。私は頭を強く打っており、その時の記憶は未だに思い出せない状態なのですが、これは両親から聞いた話です。

私の父は自衛官でした。相手のドライバーは若葉マークをつけた18歳の女性だったと聞いていますが、その女性の側の保険会社の人間が病院にやってきて、へらへらとしながら、父に「私も昔は自衛官だったんですよ」と言ったそうです。それはまるで、「同業者なんですから、お互いうまくやりましょうよ」と言うような状態だったそうです。とは言え、うちの父は自衛官幹部であり、どうやらその人の階級はずっと下だったようですが、そもそもその人がもともと自衛官であろうがそうでなかろうが、保険の話をする際は関係のないことです。自己紹介は必要であったとしても、自分が昔自衛官であった、とわざわざ述べて「仲良く」しようとする必要は無いのです。当時、父は「だからなんですか」と、答えたそうです。父にとっては道路を横断していた娘が轢かれたわけですから、相手のドライバーの側の保険会社の人間がもともと同業者であろうがなかろうが関係のない話です。保険会社の人間が同業者だから、妥協しようなんて考えるはずもありません。保険会社と言うのは汚いやり方を使って相手を諌めようとするのだなぁと感じる話でした。

30歳女性 A.Bさん