運転免許証を取得したての時、交差点での直進車同士の事故にあってしまいました。
突然のことでしたし(事故なので当たり前ですが)同年代の友達も同乗していたため、焦ったというよりも、頭が真っ白になりました。

両方の車体の大破、そして、そばのお家の塀にもぶつかってしまい、大変な事態になってしまいました。

しかも、相手の方は事故に慣れてるようで、さっとあちこち電話されて、ご家族が到着された途端、すぐに病院へ行かれてしまったので、取り残されてしまい、ぶつかってしまった相手へのひとまずの対応もしなくてはならず、大変でした。

対応を終え、やっと病院へ行くと、幸いにも、私も友人も特に異常なしとのことで、ホッとしました。また、後日聞いたところによると、相手の女性も異常なしとのことで安心しました。

保険会社同士でやりとりした結果、優先道路などのことも加味されても、互いに前方不注意の過失があったという判断になりました。

結果的に、過失の比率、保険の等級も気になるところではありましたが、とにかく身体が無事でなによりだったということにはなったのですが、その後、肩に違和感を感じ、医師に診てもらったところ、おそらく事故のせい、ということでした。後遺症、というには軽いのですが、未だ肩に違和感が出ることがあり、車の運転には十分気をつけよう、という教訓になりました。

37歳女性 M・Sさん