これは私が中学生の時に体験してしまった事故なのですが、部活動が終わり、その部活動の友達と下校している最中のことでした。
その日の朝。登校時は雨が降っており、傘を持って学校へいったのですが、部活動が終わったころには雨が止み、帰りの下校時にはその傘を忘れずに持って友達と学校を出ました。
当時私は中学二年生でも精神的に幼く、その傘を剣や杖に見立てて友達とじゃれ合いながら、道路を歩いていました。夢中になっていた私がじゃれ合いながら少し後ろに後ずさると、そのタイミングで徐行する車の前輪のほうへ背中を向けてバランスを崩してよろけてしまいました。するとタイヤの前輪が私の踵をボコンと乗り上げて、そのまま停止せずに進んでいってしまいました。今思えば、私が悪いとはいえ運転手の方も、普通は安否を確認せずにいってしまったのはどうかと思いますよね。周りの友達が自分以上に心配している中、私は足くびを軽く打った位の認識でしかおらず、少し痛みはありましたが、そのまま歩いて家まで下校していきました。
家に帰り、お風呂に入った時に踵辺りが腫れていることに気づきました。それからでは相手方の車の分からず、どうすることもできない中で病院に行くことになりました。骨折はなかったのですが、靭帯?を痛めてたみたいで約2か月ほど通院することになりました。